飲食店の開業に必要な資金の算出と調達の方法

飲食店を開業!その資金調達方法とは

自己資金の額

​皆さんは外食はよくしますか?
筆者は基本的に家で作って食べるので、外食の機会はほとんどありません。
作らない時も外で食べることはあまりなく、コンビニやスーパーのお惣菜を買って帰ります。
理由としては、外食は高くつくことと、家でゆっくり食べたいからというものですが、筆者と同じだという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そう、このコンビニやスーパー、デパ地下のお惣菜は外食産業のライバルとなっていて、市場規模は縮小しているそうです。
今は、買ってそのまま食べられる、イートインスペースが設けられているコンビやスーパーもあり、ますます飲食店の需要は減る一方です。
さらに、食材の高騰から人件費にお金をかけることができず、慢性的な人員不足の問題を抱えている飲食店も多数あり、大変な業界であることが伺えます。

そういった事情から、飲食店を開業しても、一年以内には三十五パーセントのお店が閉店してしまうほど競争率は激しいものとなっています。
外食産業の暗い面ばかり書いてしまいましたが、もちろん訪日外国人の増加に伴う需要見込みなどによる、明るい見通しもあります。
いかに戦略を練って顧客を確保するかが勝負ですね。
今回は飲食店の開業に必要な資金の算出と調達方法をご紹介しています。
オープンしてからの戦略も大事ですが、まず開業までの資金集めも大変です。
これから飲食店を開業しようと考えている方に、少しでも参考になればと思います。


ページ
先頭へ