飲食店を開業!その資金調達方法とは

外食産業のライバル

資金調達のハードル

​いくつかある資金の調達方法の中には、家族や友人から借りるという選択肢も含まれていますが、実際近しい人から借りるのは気が引けてしまいますし、金融機関だと審査や様々な手続きがあったりと、いろいろと越えなければいけないハードルがあります。
いざ開業したとしても、それが軌道に乗ってお金を返せる保証などありませんし、そう考えると借りるのは心苦しいと感じる人もいると思います。
必ずお金を借りなければいけないならば、その額はできるだけ少なく抑えて、後は自分の貯金でカバーできることに越したことはないですね。
そこでこのページでは、飲食店を開業するためには、自己資金をいくら用意すれば良いのか、目安をご紹介しています。

自己資金の注意点

​飲食店を開業するにあたり、必要な自己資金の目安は開業資金の三分の一ほどと言われています。
外食業界の平均開業資金は、約千二百万円なので、個人で開業する小規模な飲食店の場合は四百万円準備できていれば安心ということですね。

ある程度の自己資金を用意できないと、融資制度を利用しようとしても審査が厳しく、通らない可能性が高くなってしまいます。
融資制度の審査は、通帳のコピーなどのチェックで行われ、資金の履歴を確認されます。
つまり、借り入れで集めたお金は自己資金と認められないということです。
また、家族や友人から借りられたとしても、そのお金も借金したものであると判明すれば、自己資金とはみなされませんので、注意しましょう。



ページ
先頭へ