飲食店を開業!その資金調達方法とは

融資制度や保証を利用して資金を調達しよう

自己資金以外の資金調達先

​一番重要でポピュラーな資金の調達方法は、家族や友人などの近しい人から借りることですね。
しかし家族はともかく、友人からの借金は資産として認められない場合があるので、身元確認や贈与契約書などのしかるべき書類を用意して臨む必要があります。

家族や友人借りるには、昔からの信頼関係や人脈やネットワークがモノを言います。
人間関係は上手くいっていても、借金というシビアな問題ですから、様々な理由により、借りられないケースや資金が足りないことも多くあるでしょう。
ここでは、家族や友人からの借金以外の資金調達の方法として、日本政策金融公庫の融資制度、助成金や補助金の利用、地方銀行や信用金庫の制度融資をご紹介します。

様々な資金調達方法

​日本政策金融公庫には、「中小企業経営強化資金」というものがあり、これには様々なメリットがあって多くの起業家が利用してきました。
利率が低いこと、保証人や担保が不要なこと、融資面談での専門家の同席などの利点があります。

助成金、補助金には、創業補助金やキャリアアップ助成金があります。
創業補助金は通りやすいようですが、利用可能になるのが開業後なので、開業資金には充てられないことが難点ですが、運営資金にはなるのでぜひ利用すると良いでしょう。

地方銀行や信用金庫には、保証協会付きの融資があることで知られています。
万が一の時は代わりに返済してくれる頼もしい保証ですが、審査に時間がかかるので利用の優先順位は低いようです。



ページ
先頭へ