飲食店を開業!その資金調達方法とは

開業費用の種類と資金の総額

開業にかかる費用の種類

​開業資金の算出方法をお伝えする前に、飲食店開業にはどんな費用がかかるのか見ていきましょう。
大きく分けて、物件取得費、店舗造作費、運転資金があります。
物件取得費には、保証金、仲介手数料、前家賃があり、居抜き物件の場合は譲渡代金が発生します。
特に金額の大きいものは保証金で、これはいわゆる敷金のことです。
私たちが住居として借りる賃貸物件の敷金は二ヶ月程度ですが、飲食店のように店舗になりますと、それが十ヶ月ほどになり、かなりの金額になってしまうそうです。
店舗造作費は、内装工事費や厨房設備、看板などお店が出来上がっていく段階で必要な費用です。
もし居抜き物件を利用するならば、内装や設備はそのまま使えますので、いくらかは節約できそうです。

資金を算出して目安を知ろう

​運転資金には、仕入れ代金、人件費、家賃、広告費用、水道光熱費などが含まれます。
開業前にも必要ですし、開業後も継続してかかる費用ですね。

さて、開業に必要な費用の種類を一通りご紹介しましたが、果たして総額いくらくらい必要なのか気になりますよね。
もちろん選ぶ物件、飲食店のタイプ、その他いろいろな要素によって変わってきますが、一つの目安として、開業にかかる三種類の費用、物件取得費と店舗造作費と運転資金を全て足した三ヶ月分が必要なようです。
別ページでも申し上げた通り、その平均が約千二百万円なので、そのうち自己資金はいくら、資金調達がいくら、と考えていけば良いですね。
まずは資金を集めることから始めていきましょう。



ページ
先頭へ